トイレで奉仕!噂のAV女優は?アンジャ渡部建の不倫まとめ

2020年6月18日

トイレで奉仕!噂のAV女優は?

アンジャ渡部建の不倫まとめ

人気お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建。爽やかな甘いマスクは、お笑い界のモテ男であり、グルメ王は、つまみ食い王でも名をはせていた。

1 不倫相手はAV女優や会社員の女性ら複数

人気お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部健(47)が、レギュラー番組などの出演自粛を申し入れていることが明らかになった。AV(アダルトビデオ)女優や、一般女性ら複数人との不倫が発覚したために決断した。

不倫相手はAV女優や会社員の女性ら複数人。

参考:アンジャッシュ渡部建、AV女優ら複数人と不倫 妻・佐々木希を裏切った…レギュラー番組など出演自粛申し入れ

2 多目的トイレで性行為

不倫だが、六本木ヒルズの多目的トイレで性行為に及んでいたなど衝撃的な内容。

参考:アンジャ渡部 イメージ失墜で降板不可避 復帰の選択肢は宮迫方式のみか

3 コロナ自粛期間中にセクシー女優との不倫

片○えりりか、滝○恵理、神宮○ナオなどなど、渡部はAV女優もグルメだったのか?
それにしてもホントなら佐々木希が可愛そうだわ

朝からトレンドに
「セクシー女優」とか
「AV女優と密会」って出てるから
何かと思ったら、
アンジャッシュ渡部の件で、
片桐えりりかの名前を久しぶりに見た

参考:渡部建の自粛理由はセクシー女優との不倫!相手は誰?大物芸能人の名前も!

4 渡部本人が事実関係を認め、謝罪

「週刊文春」が渡部の複数の女性との不倫について取材を申し入れたところ、渡部本人が事実関係を認め、次のようにコメント。

「ご指摘の女性と関係をもってしまったことは私の不徳の致すところであり、家族を深く傷つけ、また応援をしてくださる皆様に対し多大なご迷惑をおかけしたと大変反省しております。妻にも説明し、謝罪しました。誠に申し訳ありませんでした」

参考:渡部建【文春砲】不倫認める AV女優ら複数女性と多目的トイレで!?離婚不可避!?芸能人生命の危機も

5 不倫が事実であればイメージダウン

芸能界の“グルメ王”。お笑いだけでなく、司会や美食リポーター、コメンテーターなど、テレビ・ラジオで多くのレギュラーを抱える売れっ子だけに、混乱は必至。

不倫が事実であれば、イメージダウンは免れない。

参考:アンジャッシュ・渡部建“つまみ食いゲス不倫”でゲームセットか? AV女優、一般女性ら複数と交際…多目的トイレでコトに及んだなんて話も 

6 渡部がAV女優と密会

スポーツ紙では渡部がAV女優と密会が報じられている。

そして、複数のAV女優との間に肉体関係があったということです。その情報を元に渡部健氏のAVセクシー女優は誰なのか、世間では様々な憶測がされています。

片桐えりりかも浮上!デマだった!

「不倫相手は私ではないです

昔に会ってますが2014年の結婚する3年前の話でそれ以降 一度も会ってないです。

私は台湾在住なので不可能です。

一応 誤解を招くの嫌なんで弁解させていただきました!」

アンジャッシュ渡部建「セックス依存症」

渡部氏にとっては佐々木希さんと関係を持った時点でゲームクリアしたようなものだったのでしょうか。クリアしたから新しい女性でまた一からゲームスタートしただけの「セックス依存症」である可能性が推測されます。

障害者トイレやら変なところでのセックスも関係あるみたいね。

アンジャッシュ渡部が不倫相手に「六本木ヒルズの多目的トイレに来い!!!」と密会場所として指定するようになったトイレがこちら
わざわざ六本木ヒルズの多目的トイレを指定する彼はかなりの物好きなんだろう

3分で情事をすませたと報じられています。

渡部健の不倫現場写真

2019年9月14日のお台場の特設会場「ULTRA JAPAN2019」での不倫現場写真。

日焼けした背中の若い女性と抱き合い、その後、カーテンの奥へと消えていったという写真。

参考:渡部建AV(セクシー)女優は誰?画像特定2ch流出か「セックス依存症」妻はかわいいだけじゃダメ

7 AV女優と3Pも楽しむ

「5年ほど前にアップされた動画なのですが、豊満なバストで人気を博したある元セクシー女優・Aが、渡部について言及しているんです。Aはある有名人とプライベートで会ったことがあると話し、“『行列のできる法律相談所』に出ている芸人さん”、“アンジャッシュのイケメンのほう”という発言で渡部だということが明らかになるんです。

 さらに“3人で”と、渡部とA、さらにもう1人のセクシー女優とで行為に至ったと暴露。Aは“私は見ていた、見ているしかなかった”と、自分は参加しなかったと最初は言うんですが、“若干は混ざったけど(笑)”と、結局3人で行為に及んだと話しているんです。

 Aの証言のみで、そのときの写真や動画があるわけではないため、これが事実かは分かりませんが、もし本当に事実だとすれば、渡部は5年前から結婚した現在までそういったことを続けていたということになりますよね……」(芸能記者)

参考:渡部建、元セクシー女優に暴露された5年前の疑惑 「結局3人で行為に及んだ

8 数多くのAV女優と性行為

5~6年前に渡部と肉体関係にあった30代のAV女優が証言

食事中の渡部はうんちくや自慢がうるさく、小姑のよう

ホテルでもキスなし、ベッドはドS、行為後は即風呂。

自分がイケば終わりという“超自己中男”だったと暴露

六本ヒルズの多目的トイレで『3分1万円プレイ』を暴露していた女性が実はAV女優だった可能性も

参考:噂のAV女優はどこへ!? アンジャ渡部建のゲス不倫、「週刊文春」は追撃記事を用意か

9 複数人との不倫が報道 相手はAV女優だった

候補となるのは3人

片桐えりりか

有沢美沙(滝川恵理

神宮寺ナオ

参考:アンジャッシュ渡部が不倫⁈相手の候補3人はAV女優

10 トイレで舐めさせる 人を人とも思わぬ、ひどい扱い

当初は渡部が個人事務所として借りている部屋に呼ばれて性行為に応じていた。

15分ほどで帰され、帰り際に1万円を渡されていた。

だが、いつしか呼び出される場所は、六本木ヒルズ地下駐車場の多目的トイレに変わった。

渡部は個室内で下半身を露出して舐めさせ、わずか3〜5分で達し、1万円を渡して別れる。

人を人とも思わぬ、あまりにひどい扱いである。

渡部建の不貞告発で思い起こさずにはいられないのが、嵐の松本潤と人気AV女優の葵つかさの関係だ。

それも深夜に呼び出しては明け方までに帰らせていたという。しかも交通費すら渡すことはなく、葵がタクシー代ぐらいは欲しいとお願いしたところ、松本は「お金を払うような関係じゃないよね」と拒絶した。

参考:渡部建「多目的トイレで奉仕させる」AV女優への残酷さ、過去には松本潤も

11 ハメられたと嘘も 2度傷つくことになった佐々木希

渡部は、女優の佐々木希と結婚前から不特定多数の女性と乱倫生活を送ってきた。

結婚、出産後もそれはおさまらず、六本木ヒルズ地下の多目的トイレに女性を呼びつけ、肉体関係を持っていた。道義的にもアウトと言わざるを得ない。

佐々木希は当初、美人局を疑っていた。渡部さんは最初、『ハメられた』『ハニートラップだ』という主旨の話で報告していた。その中には、セクシー女優(AV女優)がいたため、渡部は「仕事の関係でいろいろあったと誤魔化せる」と思った。

佐々木希はひとまず夫の言い分を信じ、相手女性に訴訟をチラつかせて渡部に詰問した。

しかし、実際はハメたわけでも何でもなく、渡部の行為がゲス過ぎて、恨みを買っていただけ。佐々木希は、二度傷つくことになった。

参考:渡部建が佐々木希を二度傷つけたウソの“ハニートラップ”釈明

12 女性を口説く“鉄則の3か条”

身体障がい者や乳幼児連れの人が利用しやすいように作られた『多目的トイレ』で“情事”が行われていた。

“グルメ王”として何冊もの書籍を出版。オンラインサロンという月額5000円の有料会員サイトも開設。モデルや女優として活躍して『世界で最も美しい顔100人』にもランクインした佐々木のハートを射止め、結婚したのは2017年のこと。2018年9月には男児も誕生。

(渡部は)“僕、ウッズと同じでセックス依存症なの”って言っていた。たしかに女性にはモテた。とにかく手を出しまくる。自宅マンションに女の子を呼んでコトに及んでいる間、別の子をマンションの下に待たせていたことも。

自ら“セックス依存症”と話していた渡部を象徴するのが『多目的トイレ』での不倫。六本木ヒルズ内の地下駐車場にあり、渡部が出演していたラジオ番組のスタジオもある。

渡部は(放送が)終わった瞬間にダッシュでいなくなる。それほど忙しいのか、それとも早く帰って家族に会いたいのかと思っていましたが、違った。多目的トイレに寄りたいから、あんなにスタジオを早く出て行ったんだとみんなあきれている(ラジオ局関係者)

渡部には、女性を口説くときの“鉄則の3か条”があった。

  • “絶対に自分から好きと言わない”
  • “絶対に自分から付き合おうと言わない”
  • “メールは使わない”

メールしないのは証拠を残さないため。“用件は極力、電話でしか話さない。“これは”と思う女性と会うときは、基本的に1人だとも言っていた。

すべてにおいて“心がない”。

他人は自分にとっての“道具”であり、自分さえよければいいという考え方。

周りにいる芸人たちはウンザリしている人が多かったそうですよ。

相方の児島は今回の件について、涙ながらに謝罪した。

「人の痛みとか……思いやりとか、優しさとか……愛とか、そういうものがもうないんです。だからこういうことになるんですよ……」

参考:渡部建「僕は“ウッズ病”」佐々木希に隠した性依存と「他人は道具」のダークサイド

まとめ

不倫のみならず、相手の女性との密会の場所を、部屋からトイレに移し、下半身を露出して舐めさせるなどの行為は致命的なイメージダウン。

セックス依存症というのは、セックスを通じて愛情を求めている人の病気。ずっと一緒にいたい。肌の温もりが欲しい。そうした精神的な苦しみを抱えた人の病気の人こと。セックスを終えた後に、ベッドでいつまでも抱き合う時間を欲しがる。セックスよりも、その時間を大切にする。

渡部は、セックス依存症ではない。

再起は、おぞましい糞セックスがウリの、さわやかイケメンAV男優になる以外にない。