安室奈美恵の引退理由と日本女性の衰退とAV女優鈴村あいり似のタイレディとデート

シェアする

覗き部屋 ギャルズアパートメント

安室奈美恵の引退理由と日本女性の衰退とAV女優鈴村あいり似のタイレディとデート

平成を駆け抜けた歌姫 

暗い世相を吹き飛ばし、歌やダンス、ファッションや生き方まで、若い女性だけでなく世代や国境を越えて多くのファンを魅了しづけた歌手、安室奈美恵。

平成を駆け抜けた歌姫はひたすら全力で駆け抜け、平成時代の幕引きに合わせるように、ひっそり表舞台から姿を消した。

安室 奈美恵(あむろ なみえ)

生年月日/1977年9月20日

出身/沖縄県那覇市

血液型/O型

身長/158

デビュー/1992

婚歴/TRFのSAMと結婚。一人息子の安室 温大(あむろはると)が誕生。しかし、離婚。原因は安室奈美恵が引退しなかったことなどがささやかれる。その後、三宅健や田村淳、今井翼との熱愛報道も。

活動/2017年、デビュー25周年。2018年9月16日に芸能界から引退

安室 奈美恵の主な活動歴

■1995~2000年/小室哲哉プロデュース時代

■1977年1月、ドラマ『バージンロード』主題歌に「CAN YOU CELEBRATE?」が起用され、一気にブレイク。20歳。

■同時に、茶髪のロングヘアーやミニスカート、細眉、厚底ブーツのファッションスタイルや髪型、メイクを真似る若い女性が激増し、“アムラー”ブームを巻き起こす。

■1997年、10代シンガーとしては日本の音楽史上初となるシングル・アルバム総売上げ2000万枚突破を記録

■人気絶頂期の19歳で妊娠。結婚発表があった1997年10月には、すでに妊娠(3カ月)。1998年5月に、息子を出産。

■産休後、NHK紅白歌合戦で華々しく復帰。浜崎あゆみや宇多田ヒカルといった新たな国民的歌姫が続々と登場するなか、復帰後も人気を維持する。

安室 奈美恵の人気の理由&秘密

新たな若い生き方

結婚・妊娠発表があった安室は当時20歳。

元夫であるTRFのSAMとの間で未成年時(19歳)に避妊なしで性行為があり、しかも15歳上の男性と18歳から付き合っていたことになるが、安室 奈美恵の前向きな生き方・爽やかさがマイナスイメージを払しょくし、安室 奈美恵の新たな若い生き方にエールがあがった。

ファン層

安室 奈美恵のファン層は、20代から30代後半がターゲット。だが、現在では、老若男女問わず幅広い世代から支持されている。

2008年の再ブレイク以降も、邦楽女性ソロアーティストのトータルセールスとしては唯一の年間TOP10位入り。ライブ活動でもチケットは即売。

時代の流れに合っていた

デビュー当時、日本はバブル経済崩壊の翌年。さらに阪神大震災や地下鉄サリン事件が発生。暗い世相を吹き飛ばすように活躍したのが安室 奈美恵だった。

このころ、街に「アムラー」が登場するようになったのも、安室 奈美恵を心のよりどころにする女性が増えたため。

“女性らしさ”ではなく、“私らしさ”を追求する安室 奈美恵の姿勢が多くの女性から共感されることになった。

時代は育児休業法や男女雇用機会均等法の改正などで、働く女性を支持。結婚や出産で第一線を離れる女性は多いなか、安室 奈美恵は幾多の困難を乗り越えて復帰。

経済的にも男性に頼らず、男性に媚(こ)びない意志の強さが、多くの日本人女性の共感をさらに呼ぶことになった。

女性の生き方

日本人女性の多くが、社会進出を加速。職場での人間関係や仕事面で孤立感や苦しみを深め、新たな人生を模索したいが、なかなか出口が見つからない。

安室 奈美恵は、歌やファッション、ダンス、外見の美しさだけでなく、“生きる精神力”を与えてくれた存在だった。

 

男性だけでなく、プライバシーを大切にし、息子や家族を守りながら芸能界の第一線で活躍する生き様も多くの共感を呼ぶことになった。

安室 奈美恵の引退理由・真相は

3つ の理由? 

安室 奈美恵の引退理由は明らかにされていない。理由は、3つあるとされている。

「息子の将来のため」「事務所とのトラブル」「体力や年齢の限界。パフォーマンス力と歌唱力の低下」などがささやかれている。

引退理由その1 息子の将来のため?

息子が大学生で、将来の進路や仕事に関し、マスコミや週刊誌の記者から追い掛け回されるのを避けるためというもの。

芸能界で活躍し続けることが、息子の将来の選択肢を狭める原因になる。だから、引退を決意という説があるが、これはおかしい。

なぜなら芸能界を引退しても、生きている世界から引退しても(死亡しても)、マスコミや週刊誌の記者たちは銭のために相手が死ぬまで追い掛け回すからだ。

引退理由その2 事務所とのトラブル?

安室 奈美恵の独立騒動が事務所とのトラブルを引き起こし、これが「安室さんのテレビ出演が減った理由」などとささやかれている。確かに実力を持った芸能人が独立しようとして芸能界から追放されるケースは多い。

「大手メディアでは取り上げられないような元所属事務所のブラックな部分」などと噂されているが、これは否定できないにしても引退理由を多く占める要素にはならないだろう。

なぜなら、もし本当にファンとの触れ合いを大切にし、音楽が、歌が好きであれば路上ライブを自前で行うなど、いくらでも発表の手段はあるはずだ。

引退理由その3 体力や年齢の問題、安室奈美恵のパフォーマンス力と歌唱力の低下

これは否定できない。

安室奈美恵といえば、“アムラーに象徴される20歳の若々しいパワー”“小室哲哉ファミリー”“CAN YOU CELEBRATE?”のイメージから脱却できない。

デビューから25年以上が過ぎ、すでに40歳。若さ・ルックスの劣化に加えて、歌やダンスが思うようにならず、このまま衰えた姿をファンに見せたくない。

引き際を考えていた。また、コンサートの動員数も毎年落ち込み、CDの売り上げも低迷。完璧主義者の安室奈美恵には40歳を一つの区切りに、美しいまま姿を消したいという想いがあった。

中島みゆきやユーミンと違って、安室奈美恵は自分の音楽をみずからの才能と力でプロデュースしていない。

誰かが提供してくれた曲や歌詞を使って華々しい舞台に立っていた。源泉となるパワーが枯渇した。

小室哲哉がまだがんばっていたら、安室奈美恵も還暦になっても歌い続けていた。

このままジリ貧で進むよりも、一年後に引退を宣言し、売り上げ200億円ともいわれる1年間に及んだ“引退興行”を終え、これを退職金として新たな自分の人生を見つけたい。

その想いはあっただろう。

安室奈美恵と日本女性の衰退

上っ面を真似しただけの女 

日本人女性には、安室奈美恵のような素晴らしい女性はたくさんいる。しかし、アムラーのように安室奈美恵の上っ面を真似しただけの女が多いといのが私の感想だ。

 

男と張り合い、男を攻撃し、自己主張、自己顕示欲だけの20~30代の日本人女性が多くなった。特に編集者やライターという肩書を持つ日本人女性にその傾向が多く見られるようだ。

恋愛もなく、結婚もなく、子どももなく、仕事にしても、自分の代わりなどいくらでもいるし、その職場を離れるとどこにも行き場がない。

そのストレスを、弱い立場の男性に攻撃している若い女性が目立つようになった。 

安室奈美恵の引退日に、AV女優鈴村あいり似のタイレディとデート

AV女優鈴村あいり似の20代のタイレディ 

安室奈美恵の引退日に、AV女優鈴村あいり似の20代のタイレディとデートした。

指輪を買ってあげ、ケンタッキーで食事した。それだけのことでタイレディはとても喜んでいた。

初めてのデートだ。指輪は3万円くらい。こんなことで、これほど喜ぶ日本の20代の女性は、もういないだろうと思った。

だが、鈴村あいりなら、喜んでくれるだろう。