AV女優との恋愛!人気AV女優を彼女にする出会い×秘密クラブの活用

シェアする

覗き部屋 ギャルズアパートメント

人気AⅤ女優を彼女にしたい

簡単に出会えるAV女優

人気AⅤ(アダルト・ビデオ)女優を彼女にしたい。プライベートなセックスを存分に味わってみたい。高嶺の花のAV女優や風俗嬢を自分だけの彼女にしたい。そんな願望を持つ男性は多いのではないだろうか?

素人娘には素人の良さがあるが、性風俗に従事したプロの女性の性の深淵をえぐるようなエロティックなセックスにハマってしまったら、もう抜け出すことができない。

ねっとりとろけるようなフェラの舌づかい。くびれた腰の動かし方や、髪をかき上げて昇天する女の表情。男を欲情させる喘ぎ方、声。洗練された可愛さ、美しさは狂おしく、より烈しく、身も心も壊れるようなイイ女とセックスしたい。だが、意外にも簡単に人気AV女優と出会える方法があるのです。 

200人に一人がAV女優

AV女優と言っても、コンパニオン&モデルと同様でピンキリであり、AV女優と出会うことはそれほど珍しいことではない。AV業界では年間3万5000もの作品がリリース。

年間に2~3000人がデビューしており、AV出演経験者はすでに15万人を突破しているとされる。

日本では、19歳から55歳までの女性の数が約3000万人。割合としては日本女性の200人に1人はAV出演の経験があるという計算だ。

つまり、東京の山手線に乗れば、一日にAV女優や風俗嬢の経験がある女性と無数に出会っていることになるだろう。 

花形のAV女優、単体女優

AV作品は、企画モノと単体モノに分かれる。企画モノというのは、「人妻ナンパ」「女子校生レイプ中出し」「巨乳人妻」といったように、あるジャンルに特化し、それらを好む視聴者がターゲット。

企画モノは、女優の容姿にこだわらず、特定の企画テーマを売りにしているため、作品のジャンルを押し出し、女優の名前は出てこないこともある。

可愛く、容姿やスタイルが美しい女優

これに対して、単体モノは、ひとりのAV女優が主役となって出演。「単体女優物」と呼ばれ、作品ジャンルよりも、女優名を大きく前面に打ち出し、女優そのものをアピールする。

セクシーで可愛く、容姿やスタイルが美しい女優であり、現在では紗倉まな、鈴村あいり、三上悠亜、ティア、JULIA、上原亜衣、高橋しょう子といった女優が代表的な単体女優だ。できれば、こうした花形の人気AV女優と出会い、プライベートでセックスしてみたい。 

人気AV女優を彼女にする出会い

出会い系サイト

高嶺の花に見えるAV女優&風俗嬢たちも、ごく普通の女性。普通に出会いを求めている。そこで、人気AV女優に出会えるツールが「出会い系サイト」。

拘束時間が長く、プラベートな時間がない彼女たちが使っているのが「出会い系サイト」。タイミングと運によるが、極上の人気AV女優に出会える可能性もある。

出会い系サイト」を使って実際に出会った人気AV女優や風俗嬢も少なくなく、肉体関係を持ち、そのまま付き合ったという嬢も意外に多い。 

AV女優専用キャバクラ、もしくは風俗で出会う

AV女優に出会える人気キャバクラが六本木のRedDragon(レッドドラゴン)。大橋未久、小澤マリア、西條るり、大槻ひびき、白石茉莉菜、ティア、春菜はな、Rioといった豪華な顔触れがそろっている。料金はセット(60分)で約1万3000円、同伴料が5000円という良心価格。

また、東京都内の風俗店では、現役AV女優が在籍している店も多く、60分で約2万円と、これも良心価格。プライベートなルームで十分に彼女気分を味わうことができる。一流のAV女優であるほど、性に対しておおらか。気に入ってもらえば、コンドーム付き、無しでのセックスも可能だ。 

AV業界に入る

日本で一番多いのが職場恋愛。AV業界も同じ。AV男優になることで、人気AV女優とセックスすることができる。日本のAV女優は登録を含めて約1万人だが、これに対してAV男優は約70人。AV女優の寿命は長くても10年。しかし、AV男優は数十年も続けることができる。

AV男優でなくても、監督やカメラマン、編集、照明など、AV制作事務所のスタッフになれば憧れのAV女優に近づくことができる。とにかく、接点がなければ何も始まらない。 

人気AV女優&一流風俗嬢にも出会える!秘密クラブの活用

人気AV女優を彼女にしたい

出会系サイトやAV女優専用キャバクラ、もしくは風俗、AV業界に入って、人気AV女優と出会い、運よくセックスできたとしても、「遊び」「カネ目当て」であることがほとんどで、「彼女」とは程遠い。「それでいい」「一発やれたらいい」という人はともかく、「彼女にしたい」と思う人なら、もっとスリリングでロマンティックな出会いを求めたい。

秘密クラブ 

サイトやキャバクラ、風俗、AV業界で、人気AV女優と出会う。これらは実際に筆者が体験したことだが、もっとスリリングでロマンスが得られる出会いがある。それが秘密クラブの存在。

人気AV女優やセクシー風俗嬢、クラビアアイドル、美しいレースクイーンも 

秘密クラブというのは非公開の会員制クラブのこと。インターネットなどの情報には一切載っていない。高級ホテルのスイートルームを貸し切り、男女十数人が集まる交遊クラブ。

女性は人気AV女優をはじめ、容姿やスタイル抜群の風俗嬢やレースクイーン、グラビアアイドルなど。また、CA(キャビンアテンダント)やナース、学生、人妻、一流会社の秘書、OLなど。さすがに高校生は不可だが、10代の女性が混じっていることもある。

癒しのサロン 

秘密クラブというのは、癒しのサロン。日ごろ強要めいたセックスや、快楽が得られないセックス、あるいはセックスレスの人が、身も心も癒される場所として参加している。社員旅行で男女が混浴露天風呂に入って、和気あいあいと楽しんでいるのに似ている。

セックスを仕事にしている人や、セックスレスの人たちは、セックスは好きだけれども満たされない何かを抱えていて、その何かを提供してもらえるのが秘密クラブ。

心から男性を喜ばせてあげたい 

会員の男性は、女性からすれば「〇〇ちゃんの彼」といったように、とても近しい存在。お近所付き合いみたいな感じで、まずは軽く生フェラでごあいさつ。

画面でいつもお世話になっている、美しく、かわいい、スタイル抜群のAV女優から、愛情たっぷりのディープキスにはじまり、まとわりつくフェラの舌づかいに虜になってしまい、もう秘密クラブから抜けられない。

お金もうけではなく、「心から男性を喜ばせてあげたい」と願う女性ばかりなので、セックスというよりは癒しの空間だ。

会員女性の推薦 

女性は、友だちの友だち、ということで、自然と輪が広がっていく。男性が秘密クラブに入るには、会員女性の推薦が必要。会のことを漏らさない、安心で信頼でき、性的にも魅力を備えた男性ということになる。

特別・洗礼セックスも

私は、インターネットで出会った女性と付き合い、この女性の女友だちに、セクシーな人気風俗嬢がいて、彼女と仲良くしているうちに、二人の女性から秘密クラブを教えてもらった。ネットで出会った彼女も、その彼女の女友だちも秘密クラブの会員で、ふたりの女性から推薦をもらっているということで、一度に10人くらいの美女から入会にあたっての特別・洗礼セックスを受けた。

プライベートな付き合いも 

本来、秘密クラブ以外での密会は禁止だが、こっそり連絡先を交換し合い、外で会うこともある。出会い系や風俗、キャバクラで出会うよりも、もっとスリリング。いわば、エデンの園で出会い、神のおきてに背いて、エデンを離れて出会うようなもの。より非現実的で、密会という感覚が強く、外で会うようになればなんとなく恋愛めいた気持ちになってゆく。

私は、この秘密クラブで多くの人気AV女優や美女と出会い、プライベートでつきあっていた。

ただ、刺激を求める女性が多いので、長続きしないというデメリットがある。そうした中、長きにわたって付き合った人気AV女優がいた。 

人気AV女優、人気風俗嬢・ゴーゴーバー嬢を彼女にするということ

風俗業界の女の子と付き合うということ 

出会いは簡単で、セックスも簡単。難しいのは、その関係をどれだけ継続できるかということ。これはどんな人間関係や仕事にも言えるが、風俗業界の女の子と付き合うのは、とてもたいへんだ。より刺激を求めあい、それに慣れ切っている女性に毎回、快楽を与え続けるというのは至難の業だからだ。

忍耐、苦しみ 

風俗嬢でなくても、付き合うというのは男女ともにとても忍耐、苦しみを伴う、つらいことだと思う。初めて出会って、いきなりセックス。それはとても興奮するし、楽しい。わくわくする。

彼女への愛

セックスすれば、「おれの女」「私の男」というように所有欲が出てくる。その間、他の男、女とセックスするのを見なければならない。それに耐えきれるか、どうか。苦しみ、嫉妬。悲しみを伴い続ける。

彼女への愛が、どれだけ真実か。真実であればあるほど悲劇的だ。

出会って、プライベートでセックス 

私が付き合った彼女は一流のAV女優だった。当時、私はAVをあまり知らなかったので、彼女が人気AV女優だとは知らなかった。ある程度、プライベートで付き合って、セックスするようになり、「私のことを知ってください」と言われて名刺をもらった。ネットで検索すると、数限りなく出てきた。

平凡な幸福 

もし彼女が有名な人気AV女優だと知っていたら、私は彼女とセックスできなかっただろう。私はごく普通のセックスをしていた。だが、彼女は「すごく上手」と褒めてくれて、私は気を良くして彼女と交わることができた。

AV女優の紗倉まなが「付き合うなら、結婚するならタレントでなく、普通の人(会社員とか)がいい」と言っていたが、それはわかる気がする。

だって、彼女たちは普通の女の子。確かに有名人と付き合いたい、セックスしたいという女性も多いと思うが、紗倉まなみたいに優しい、いい女の子は平凡な幸福を求めている。

彼女の寝顔を見ているだけで幸せだった

人気AV女優を彼女にして、つらいと思ったのは撮影帰りにクルマで家まで送り届けること。彼女と寝たい、セックスしたいという悶々とした欲望を抱え、さっきまで男とさんざんセックスしていた彼女への想像力が広がり、苦しかった。

彼女のカラダが欲しかった。だが、疲れ切った彼女にそれを求めることはできなかった。結婚と同じかもしれない。結婚する前の方がたくさん、いいセックスをしていた。いいセックスができると思って、彼女になってしまったら、彼女になる前よりもセックスの回数が減った気がする。まったく、おかしなものだ。

それでも仕事で疲れ切って助手席で眠っている彼女の寝顔が可愛く、美しく、それを見ているだけでも癒されたし、幸福だった。それが、愛、家族ということなのかもしれない。

素顔

彼女は安い、ぼろアパートに住んでいた。ギャラも確かにたくさんもらっているが、彼女には事情があった。そうして、そうした弱みを見せなかった。弱みを見せたら、AV事務所から安値でたたかれ、安い金額でセックスしなければならない。自営業。個人業だ。

彼女は、ある一定の金額以上でなければ仕事を引き受けなかった。そんな彼女だが、誰にも見せない素顔を私に見せていた。それが「彼女」ということになるのだろう。

夜の顔を落とした、彼女の素顔は本当に可愛く、美しい。

AV女優は、女優業 

彼女のプライベートなセックスは、AVビデオとはまったく違っていた。プライベートな彼女は小さく喘ぐだけで、ビデオのように激しく喘いだりしない。女優だ。男を勃起させ、オナニーさせ、射精させるための女優。プロの女優なんだと思った。静かな、おっとり、優しいセックスを彼女は求めていた。

 私は恋愛できない

私は彼女に「付き合いたい」と言った。一緒に暮らしたい。だが、彼女は「私は恋愛できない」と言った。それでも私たちはプライベートで時々で会っていた。普通に付き合い、彼女と何ら変わりがないが、「彼女」「恋人」と定義されるのはプレッシャーになるのだろう。彼女とはずいぶん会っていないが、いまでも「彼女」だと思っている。とても素敵な女性だ。

始まりがなければ、終わりはない

たぶん、別れるのが怖いから、「恋愛はできない」と彼女はそう言ったのかもしれない。始めなければ、終わらずに済むから。