スポンサーリンク

AV女優「叶愛(かのうあい)」AVデビューから現在まで

2021年4月14日

AV女優「叶愛(かのうあい)」

AVデビューから現在まで

Kカップの美巨乳で、美麗なルックス。30歳で2020年末にAVデビュー。人妻系、熟女系と言われますが、女子大生のように可愛いルックス。お淑やかな雰囲気がいい。

透き通るような白い肌。母性愛たっぷりのAV女優、叶愛(かのうあい)をご紹介します。

Kカップ!叶愛がAVデビュー


人妻AVメーカーマドンナから、2020年末に叶愛がAVデビュー。たちまち人気AV女優ランキングで上位に。プロポーションが美しく、肌が白くて綺麗。バストも最高に美しく、乳輪も乳首もピンク色で綺麗。

カラダ全身から匂い立つ、色気。あらゆる年代の男性から愛されそうな顔とカラダ。何よりも性格がいい。優しくて穏やか。包容力があり、母性愛たっぷりの魅力的な女優です。

AV女優「叶愛(かのうあい)」のプロフィール

生年月日:2020年で30

身長:150

サイズ:B96/W58H83

ブラのサイズ K

AVデビュー:2020

AV女優「叶愛(かのうあい)」の経歴

・2020年、30歳でAVデビュー

・前職に、吉原ソープランドでの人気ソープ嬢との噂も

吉原ソープ嬢との噂も!AV女優「叶愛(かのうあい)

噂では、吉原の人気ソープ嬢との噂も。吉原のソープランド「キャンディ」や「Chocolat(ショコラ)」に在籍していた泡姫(源氏名:くれあ)ではないかと憶測されています。

くれあ(31歳)のプロフィールは、身長:149cmで、B92(J)W55H88というプロポーション。多少、スリーサイズは異なりますが、年齢も画像もよく似ており、同一人物である可能性も高い。

吉原ソープランドはレベルが高い。めったに出会えない、極上の女と出会えるチャンスが多く、顔出しもしないのでひそかな情事を楽しむことができます。

AV女優「叶愛(かのうあい)」の魅力

美麗なルックス

端麗で、美麗な顔立ち。目も鼻も唇も美しく、とてもセクシー。つんとした美人ではなく、際立った美しさを持ちながらも優しさや愛があふれ、女性としての洗練された美しさがあります。

Kカップの美しすぎる美巨乳

叶愛の魅力は、Kカップの眩しすぎる乳房。おっぱいのカタチも最高。乳輪も乳首もピンクでキレイです。柔らかく、弾力があり、こんな美巨乳に顔をうずめたり、ペニスをはさんで射精したり、男のロマンをかきたてられます。巨乳の谷間は深く、パイズリはペニスが見えなくなるくらいの迫力。パイズリだけでも、満ち足りた射精へと導いてくれます。

スタイル抜群、美白美肌

Kカップ、96センチのダイナマイトなバストながら、ウエストが細く、ヒップが83センチとキュート。身長も150センチと小柄。肌がきめ細かくてすべすべしていて、抱き心地も最高に良さそう。恋人や妻にしたい女性です。

あふれる母性愛

小柄で美巨乳。しかし、落ち着いた雰囲気と安らぎが全身からあふれ、男心をしめつけるような母性愛に満ちています。

匂い立つ色気

恥じらいながらも、大きな胸を揺らしながらのセックスはたまらく興奮させられます。ねっとりした濃厚なキスで、身体に火が付いたら、制御不能になるほどの乱れ具合。ご奉仕のフェラも最高に上手です。

顔はロリータながら、大人の女との深い交わりに、身体だけでなく、精神も深い充足感が得られます。

叶愛(かのうあい)Twitter

マドンナ公式Twitterでプロモはありましたが、叶愛本人のTwitterは今のところ開設していません。謎多き、美女。Twitterも開設して欲しいですね。

AV女優「叶愛(かのうあい)」おすすめAV作品

「大型新人 KCUP SEXシンボル誕生 叶愛 30歳 AV Debut!!」

人妻・熟女界の新たな超大型新人、AVデビューというキャッチコピー。見事な巨乳と最高のカラダ。喘ぎ顔も声も可愛くてエロい。必見の作品です。

AV女優「叶愛(かのうあい)」の現在

衝撃デビューの大型新人女優、叶愛。インタビューも、SNSも見当たらず、多くが謎につつまれています。

吉原ソープランド嬢が本物であれば、業界は長そう。男慣れしている雰囲気が感じられ、一緒に過ごしても居心地よさそうな女優さんですね。

新人デビューして、いきなりFANZAの月間AV女優ランキングで上位を占めるほどの人気。通常であれば、SNSを開設して、ファンの獲得に努めるのですが、そういった動きが見られないのは謎ですね。

もしかしたら、20歳くらいから風俗業界に在籍し、30歳になって人気に陰りが出始めたため、AVデビューを決意したのかもしれません。

AVで名を売って、本業の風俗を継続しようと思っているのか、AVは一時的に資金が必要だったからなのか。あまり、自分を広く知られたくないのかもしれませんね。

しかし、これだけの人気があれば、メーカーも事務所も次作を期待するはず。今後の作品が楽しみですね。