スポンサーリンク

AV女優「葵つかさ(あおいつかさ)」AVデビューから現在まで

2021年4月14日

AV女優「葵つかさ(あおいつかさ)

AVデビューから現在まで

ロリータフェイスで、グラマラスな美巨乳AV女優、葵つかさ。18歳で現役高校生グラドルとしてデビュー。その後、2010年にAV女優へ転身。一躍トップクラスの人気AV女優となり、長年にわたって第一線で活躍。2019年でAVデビューから10年を迎えました。2021年になっても、FANZAの月間AV女優ランキングで新人AV女優と並び、高い人気を維持。

『嵐』の松本潤との性的関係を文春で暴露され、さらに松本潤とおぼしき相手の変態行為や性癖も暴露。一方で、30歳でありながらも、未だに可愛さ、美しさは衰えず、2020年には写真集も出しています。AV女優、葵つかさをご紹介します。

AV女優「葵つかさ(あおいつかさ)」のプロフィール

生年月日:1990年8月14

身長:163

サイズ:B88/W58H86

ブラのサイズ E

AVデビュー:2010

AV女優「葵つかさ(あおいつかさ)」の経歴

・2008年:18歳でアイドルとしてデビュー

・2010年:『絶対少女 葵つかさ』でAVデビュー

・2011年:『サイゾー』の表紙を飾る。現役AV女優が表紙に選ばれるのは初

・2012年:スカパー!アダルト放送大賞でFLASH賞を受賞。

・2012年:初主演映画『女囚701号 さそり外伝 第41雑居房』が公開

・2015年:アリスJAPANとの契約を終え、エスワンへ移籍

・2015年:恵比寿マスカッツのメンバーに選出。番組内での『選抜総選挙』でマジで抱きたい女総選挙1位

・2016年:DMMアダルトアワードでスペシャルプレゼンテーター賞

・2019年:FNZAアダルトワールド2019最優秀女優賞にノミネート

・2020年:徳間書店調査の「現役AV女優セクシー総選挙」で総合3位、大阪40代・50代では1位を得票

『嵐』の松本潤と、AV女優の葵つかさとの性的関係

AV女優の 葵つかさ といえば、 『嵐』の松本潤 との性的関係。インターネットで嘲笑の対象になっている。

・松本には、 結婚が目前と言われる 井上真央と交際していた

・しかし、葵と5年以上の“二股交際”が発覚

・噂では、

「身体の相性が抜群で、どうやら松本のほうが葵から離れられないようです。最近は井上との結婚の話も相当に怪しくなっています。井上は結婚を待っているらしく、昨年1月の舞台のあとは仕事を抑えてしています」

・葵はテレビ番組で、松本と思しき人物のことを「下着の匂いを嗅ぐ趣味がある」、「変態だ」と暴露

・視聴者たちは、ネットで松本をイニシャル“MJ”で呼び、嘲笑。しかし、“MJ”から、“NJ”のイニシャルに変わった

・葵は、男性誌に「自分のオシッコ、男の人に飲ませるのが得意なの」「あの人も飲ませてって言うんだよね」と暴露

・これに対し、“N”は尿の略で、“NJ(尿潤)”の方が合っているという理由から

だが、葵つかさのように抜群に可愛い、美少女が、カメラの前で変態行為を延々にさらけ出しているのを見ると、イケメンの美男子が、美少女のおしっこを飲んだり、浴びせられて喜んだりする変態行為も、「普通」ではあるまいか。

引用記事:

嵐・松本潤が「異常性癖」露呈で井上真央とは破局していた?

実は、松本は『三股だった?』

しかし、松本は『三股だった』という噂もあります。

「3年前、女優の井上真央と葵つかさの『二股交際』を報じられた松本ですが、その『暴露本』を葵が出版するのでは、と今月報じられました。葵側がこの事実を否定はしたものの、松本もこのウワサに相当にナーバスになっていたといいます。

松本は2人の他にもう1人、国民的アイドルグループの中心メンバーとの交際もあり『三股だった』という疑惑も出ましたね。松本はこの報道だけでも、精神的にかなり追い詰められたようですよ」(記者)

嵐松本潤「精神限界」葵つかさに「癖」暴露される? 「三股疑惑」と異常なしつこさ

AV女優「葵つかさ(あおいつかさ)」の魅力

抜群に可愛いルックス!美少女系

ロリータフェイスで、キレイな顔立ち。清純な雰囲気が漂い、美しいキュートな顔立ちが魅力です。もともとグラビアアイドルですが、

豊満な身体!グラマラス!お尻が大きくてキュート

背は高すぎず低すぎず、おっぱいはEカップの美巨乳。ウエストがくびれ、バランスがいいです。抜群のスタイルというわけではないのですが、全体的にまとまっており、お尻は86センチと特に大きいわけではありませんが、ウエストがくびれ、小柄なのでヒップが数字以上に大きく感じられ、バックでの挿入は興奮が高まります。

エロい!男を虜にするエロさ

葵つかさは、ごく普通に可愛くて、スレンダー&グラマラスな女性ですが、抜群のエロさ。表情や仕草がエロいです。フェラも特に濃厚というわけではありませんが、なぜかエロい。これが、葵つかさの最大の特徴であり、最大の魅力。デビューから約10年が過ぎても、未だに人気女優ランキングで上位に位置している理由。特に中高年のファンが多い。

顔と身体、仕草やキュートさに関し、日本人男性が好む、理想的な日本人女性。

タイのゴーゴーバーに行けば、葵つかさのようなタイプが多く(自分を高く売るために、日本人男性が好むタイプに顔や肉体を整形)、次々とペイバーされていきます。

私も、葵つかさタイプのゴーゴーレディを持っています。

葵つかさ(あおいつかさ)Twitter

葵つかさ(あおいつかさ)インスタグラム

【5秒で答えて】葵つかさ(恵比寿★マスカッツ)

AV女優「葵つかさ(あおいつかさ)」おすすめAV作品

やっぱり尻が好き!プリ尻、尻タプ、鬼ピストン!こだわり尻アングルSEX5時間!!

葵つかさといえば、エロくて形のいい大きなお尻。尻にこだわった女優シリーズ。

ワンペーベスト【君の縄】 縛られて責められてる姿態は美しく!いやらしい!柔肌に食い込む縄!

葵つかさのようなタイプは、緊縛シリーズもおすすめ。美しくエロく悶える女体が楽しめます。

「出会って4秒で合体」シリーズより インタビュー中に即ハメ即ピストンされて質問に答えることもままならず激イキしちゃった敏感娘20人

人気の「出会って4秒で合体」シリーズ。インタビュー中に即ハメ。

口淫モンスター襲来!極上テクでどんなチ○ポでも昇天させるすげぇ~フェラチオ40連射 4時間

フェラ好きな方におすすめのシリーズ。40連射は見ごたえあり。

ピタコスアスリートFUCK集15人4時間

競泳、シンクロ、エアロビ、陸上、ビーチバレーなどのコスチューム姿でのセックス特集。懐かしい人気AV女優が集合

競泳、シンクロ、エアロビ、陸上、ビーチバレーなどのコスチューム姿でのセックス特集。懐かしい人気AV女優が集合

AV女優「葵つかさ(あおいつかさ)」の現在

恵比寿マスカッツでのニックネームは、「宇宙戦士」。特技はピアノ、サックスと、お嬢さまの雰囲気が漂い、これも葵つかさの魅力。

AVデビューから10年が過ぎた、2020年に、30歳でありながら写真集を発売。生々しいエロスと、この世のものとは思えない神秘的な美しさにあふれています。

葵つかさ きみが溢れてる

紗倉まなとの比較

葵つかさとよく似たタイプ(ロリ系で、グラマラス)。同時期のAVデビュー、同様にロングセラーの人気AV女優と言えば、紗倉まなが思い浮かびます。

明石家さんま、松本潤といった有名芸能人とセックスして知名度を上げたという点でも似ています。

数値だけを見れば、葵つかさよりも、紗倉まなの方が知名度が高く、人気があります。しかし、セックスの点においては、「紗倉まなは確かに可愛いし、いい身体しているし、エロいけれど抜けない」という男性が意外にも多いのです。書き込みでも多く見られます。

可愛すぎて抜けない、というのでもない。

そう言われてみればそうかも。葵つかさは黒人とのプレイでもエロいですね。この違いは何なのか。

葵つかさと、紗倉まなは、似たようなタイプでありながら対局の存在。

昨日、紗倉まなの紹介記事を書いていた時は気が付きませんでしたが、紗倉まながわざわざ小説に書かなくても、「女性を抑圧する暴力的なセックスシーン」並びにそれを演じている紗倉まなを見ているだけで、現代日本における性のあり方がよくわかります。

日本人の多くは、男女ともに満たされたセックスをしていない。その一語に尽きます。

わざわざ、小説に書くよりも、AV作品を見ればすぐにわかるし、その方が遥かに楽しめる。

なのに、なぜわざわざ文章にして書くのか。

この点が、紗倉まなと、葵つかさとの大きな違いです。

これは個人の感覚によるもので、当然、「紗倉まなの方が断然エロい!」という男性は多いことでしょう。小説を書く(人間の内面を描く)タイプの人間の方が内面的な深みがあり、それはセックスにもあわれてくるのですが、葵つかさの方がエロくて抜ける。なぜなのか?

もしかしたら、紗倉まなは、実は恋愛対象になりにくい女性なのかも。私自身の経験だが、小説や文章を書くタイプの女は、風俗嬢やキャラ嬢よりも遥かに性格が悪くて陰険で陰湿。

葵つかさタイプはゴーゴーバーにも多くて、カネばかり使わされたくさんひどい目に遭っていますが、やっぱり惹かれれしまう。小説を書くより、そのエネルギーを全身から放ち、身体そのものの小説にしている。

葵つかさの方が、恋愛の感覚(疑似恋愛だが)が長けているのかも。 紗倉まな は、ごく普通の一般人女性で、 葵つかさは風俗嬢・キャバクラ嬢といった感じ。

小説は一人で書くもの。しかし、葵つかさは性格の悪い女ながらも寂しがり屋で、一人で小説を書くよりも一緒に男と過ごしたいタイプ(セフレをたくさん持つタイプ)。

その根底にあるのは、究極の寂しさや自己顕示欲。これは常に社会から抑圧され続けている、日本人男性の多くにも見られる特徴で、 そうした葵つかさの感覚に共鳴するのかもしれません。が、しかし、これは個人の好み、感覚によるものでしょう。

「暴露本」が出版 ?

一方、松本潤がさらに追い打ちをかけられている事態に発展している。

「元カノ」とされる、葵つかさが、松本潤との性的関係をあからさまにした「暴露本」が出版されるというのだ。

これが成功すれば、葵つかさも、紗倉まなと並んで、“文筆家”として稼ぐAV女優になることができる。

出典:元カノがイメージダウン不可避の「暴露本」出版