韓国のAV女優ランキングTOP5&韓国で人気の日本のAV女優は?

2019年12月4日

韓国女性の性格・特徴は?

恋愛・セックス事情は?

韓国ドラマ『冬のソナタ』をきっかけに巻き起こった日本の韓流ブーム。2010年代には「KARA」と「少女時代」が日本に上陸し、K-POPブームが到来。さらに、TWICEやBTSによる第3次韓流ブームが起こった。

韓国人男性や恋愛文化に興味を持つ日本女性が増えた一方、韓国人女性に興味を持つ日本人男性も増えた。管理人も、その一人だ。

東京にいたころ、多くの韓国人女性と付きあった。多くの学生や社会人が日本に短期留学していて、管理人とは国際交流会で多くの韓国人女性と出会い、そして付き合った。

だが、リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件(2007年に千葉県市川市で、英会話学校講師リンゼイ・アン・ホーカーさんが市橋達也に殺害された事件)が発生してから、国際交流会に出入りする日本の若い男が迫害視されるようになり、肩身の狭い思いをさせられた。なぜなら、リンゼイ・アン・ホーカーさんと、市橋達也が出会ったのが国際交流会だったからだ。国際交流を仕切る、おばはんたちの目が厳しくなり、管理人はたいへん屈辱的な思いをさせられた思い出がある。

東京の大久保に行けば、電車のホームで韓国の若い女がしゃがみこんで泣きわめき、それを韓国人男性がなだめている光景にも出会う。

一般的な認識として、韓国人の女性の攻撃的で、敵対した相手とは徹底的に戦い、男に対してパンチやキックが飛ぶのは当たり前で、言葉も相当きつい。韓国映画『猟奇的な彼女』は、女性が男性に対する暴力シーンが描かれているが、こんな映画を作るからますます韓国の女は図に乗って暴力的になるのだ。

韓国の若い男は、日本の若い女性にとても興味を持っている。「韓国人の女性は強すぎて嫌」「おとなしくて、綺麗で、優しい日本人女性の彼女が欲しい」と思っている。しかし、実は彼らは日本のAVを良く知っていて、日本のAV女優へのあこがれから、あんな日本の女と恋愛したい、セックスしたいと思っているようだ。

国際交流会では、韓国の若い男たちとも出会い、たくさん話した。彼らも、日本同様に恋愛はたいへんらしい。

韓国人は見栄の文化が根強く、韓国の女が男に求める条件は「高身長」「高学歴」「高収入」「イケメン」「性格が良い」というものだ。日本人女性も同じだが、日本女性の場合は収入(経済力、金)が基盤で、性格があえば妥協して恋愛・結婚に至るケースが見られる。しかし、韓国の若い女は妥協しない。

そのため、同姓代でつきあう傾向が多い韓国人男性は、恋愛探し、結婚相手探しが日本と比べようにならないくらいに難しい。だから、日本AV女優を見てオナニーするだけの日々が続いている。韓国人男性が、日本のAV作品に使うお金は、日本人男性と比べて4倍以上というデーターもある。

一方で、韓国人女性(若い女を含めて)は、日本人女性と比べようにもならないほど情が深い。感情表現が豊か。いったん友だちになれば、とても親身になってくれる。東京の女はうわべだけ、表面的な付き合いが多かったが、韓国人女性との関係は深かった。だから、管理人は韓国女性にハマった時期があった。

韓国人女性は、スカート姿の時はおしとやかだが、ジーンズを履いている時は、あぐらになる。これは、韓国には正座をする習慣がないから。民族衣装のチマチョゴリを着ている時は、片ひざを立てた座り方になる。

確かに、韓国人女性はとても気性が激しく、主導権を握ることが好きで、言葉もキツが、それは本音でストレートに言ってくるからだ。日本の女みたいに、穏やかににこにこ笑いながら、何考えているのかわからないのと比べて、韓国の女はわかりやすい。

そのへんの事情が分からない韓国の男は、日本人女性を「おとなしい」「優しい」「美しい」と勘違いしているだけ。日本(東京)の若い女は、ただセックスの相手、セックスの遊びとして韓国人男性と付き合うことが多く、自分があきられて捨てられてもそれがなぜなのかわからない韓国の若い男が多い。そんな印象を多く受けた。

韓国人女性は、男性を平気で殴ったり蹴りを入れてきたりするが、それだけ情熱的。恋愛やセックスも同様。関係が深まれば日本女性と比べようにならないほどエロティックで情熱的。日本の男が韓国の女にハマる理由は、実はこのため。

愛情も深かった。管理人は20代後半の美しい、綺麗な韓国人女性と付きあっていた。プロポーションも抜群で、驚くほど身体が細いのに、綺麗な美巨乳。腰も豊かで、後背位はたまらないほどエロティックだった。美しい長い髪を乱し、細い身体をくねらせ、美しく発達した乳房が揺れるのを目の当たりにすると興奮を抑えきれなかった。

そのころ、管理人は病気を持っていた。女とセックスしたら、女の女性器にかゆみが起こり、性病を移されたと激しくののしってきた。創価学会の女と付き合っていた。管理人は特に創価学会に偏見を持っていなかったので、彼女と付き合っていたが、セックス後に彼女の女性器にかゆみが起こり、激しくつかかってきた。その後、彼女も管理人も検査したが、性病の疑いはなかった。のちにわかったが、カンジタ菌が原因で、これは一種のカビ菌みたいなもので、日常生活から移るものらしい。

創価学会の女とは別れ、韓国人の綺麗な女性と付きあった。そのころ、カンジタ菌だとはわからず、不安を抱えながらセックスした。やはり、彼女もかゆみを生じた。膣洗浄ビを使うと、良くなり、管理人と再びセックスした。

日本の女なら、その創価学会の女であれば、即拒否だったが、韓国人の彼女は管理人が求めれば何度もセックスしてくれた。

幸福だった。韓国の彼女を抱いていて、とても幸せだった。「私は性病を持っていない」と言ったら、それを信じてくれた。

「幸福を感じたいから、愛を感じたいから、あなたとセックスする」と、韓国の綺麗な女性は、美しい日本語でそう言った。

「君は結婚しているの?」と尋ねたが、彼女は返事しなかった。その後、彼女は帰国した。1年後に突然に連絡があり、ディズニーランドにいるから来て、というので車で迎えに行ったら、彼女は幼い子供を二人連れていた。

そのまま、彼女と、子供三人で、千葉の九十九里浜へ行って、ホテルで泊まり、波辺でバーベキューしたりして楽しんだ。子供たちが眠ると、彼女と二人で激しく愛しあった。

子供たちも管理人になついてた。彼女は管理人を、日本語学校の先生として紹介していた。それは嘘ではなかった。彼女と子供たちと一緒に過ごすうち、韓国の文化を垣間見ることができた。

彼女は子供を決して叱らなかった。コップの水をこぼしても、怒らない。こぼれたら拭けばいい、と彼女は言った。

おおらかだな。韓国は島ではなく、大陸の一部なんだ。韓国の綺麗な彼女とセックスしていて、大陸を感じた。日本の島国ではない、もっと大きく、おおらかなもの。深い安らぎ。愛情の深さ。

それまで管理人は、日本人女性が世界で一番いいと勝手に思い込んでいたが、世界の女性と出会い、つきあい、恋愛してセックスしてみたい。そう思うようになった。

韓国のAV女優ランキングTOP5

K-POP挑戦のAV女優の三上悠亜 韓国で逆風 

AV女優の三上悠亜は、韓国の男たちに人気だ。この人気に便乗し、三上悠亜が率いる5人組K-POPユニット「HONEY POPCORN」(ハニーポップコーン)が、2枚目のミニアルバムを韓国で発売したが、思わぬ逆風にさらされ、ほとんど宣伝できないままに終わった。

アイドル・芸能人からAV女優へと転向

三上悠亜はSKE48の元メンバーだが、アイドル時代にスキャンダルが発覚し、ほとんど干された状態になった。清純派では売り出せないと考えた三上悠亜は、アイドル・芸能人からAV女優へと転向。「AVでは絶対に1番を取る」と決めて、さまざまな過激なセックスに挑戦し、2015年のAV女優デビューから5年以上過ぎても、AV上ランキングで常に上位に位置するほどの人気だ。

韓国の男は、日本のAV女優が大好き

韓国では、AVビデオの規制は厳しく、このため、インターネットで検索して日本のAV女優を楽しむ男が多い。韓国の男が、日本のAV系動画に使う金額は、日本の男と比べて4倍以上というデーターもある。確かに、韓国の男は、日本のAV女優がたいへん好みであり、実に多くの名前を知っている。

AV女優はアイドルにはなれない

三上悠亜の知名度は韓国でも高く、韓国でアイドルデビューできるかと思えたが、思わぬパッシングにさらされた。「AVを禁止する国でAV女優出身者がアイドルとしてデビューすることは正しくない」というのが、韓国の考え方だ。三上優亜をAVで楽しんでいる韓国の男たちも、この考えに同意する者が多い。

アイドルの影響力が大きい韓国で、AV女優がアイドルとしてデビューすると、青少年に悪影響を及ぼす恐れがある。つまり、自分はAVビデオで楽しむが、自分の娘がAV女優になったらどうするのか。韓国では、ものすごく当然のことが正しいこととして認識されている。

韓国のAV事情は?

韓国には、日本のような“性の快楽”“娯楽”としてのアダルトビデオやAV女優はほとんどない。そのかわり、トップ女優たちが通常の映画やテレビ番組でエロを演じる。一流の女優が、エロいシーンを演じるわけだ。

セックスは、愛の営み

しかし、具体的な下半身の動きなどはなく、あくまでも愛の営みの延長としてのセックスを、一流の女優として演じている。映画やテレビドラマでエロいセックスシーンを演じている一流の女優が、AV女優ということになる。韓国の女優のレベルは高く、綺麗で美しく、アイドル以上に可愛い。そこで、韓国でおすすめのAV女優をランキング形式でご紹介します。

韓国AV女優1位 キム・テヒ

韓国のAV女優ランキングで1位となるのは「キム・テヒ」。日本の映画『僕とスターの99日』で西島秀俊と共演したこともあり、日本でも人気。綺麗で美人系の女優のセクシーな濡れ場は、AVを超えるエロい過激なシーンを楽しめるだけでなく、演技力も抜群。ただ、挿入して激しく動いて顔や乳房に射精、膣内射精といった単純なものではなく、想像に働きかけるセックス、大人の女の真のエロさを感じることができます。

韓国AV女優2位 カン・ヘジョン

カンヌ国際映画祭で特別グランプリを受賞した映画『オールドボーイ』に出演し、過激でセクシーな濡れ場シーンを演じたことで大きな話題を集めた女優が「カン・ヘジョン」。超美人の女優のセックスシーンは、胸騒ぎをおぼえるほどの衝撃。

韓国AV女優3位 ソン・イェジン

映画『私の頭の中の消しゴム』に出演していた女優が「ソン・イェジン」。可愛さ、清純さ、癒し系のアイドル系女優が、映画『四月の雪』でセミヌードのセックスシーンを演じ、AVビデオよりもエロいと高い評価。

韓国AV女優4位 ハ・ジウォン

女優だけでなく、歌手としても人気のある「ハ・ジウォン」。映画の代表作品は『セックス・イズ・ゼロ』。エロチックコメディーで、韓国では430万人を動員する大ヒット。美しい顔立ち、綺麗な身体を使ってのセックスシーンは、あまりにも官能すぎ。

韓国AV女優5位 ユン・ソリ

韓流映画で、超美人でスタイル抜群の女優といえば「ユン・ソリ」。乳房の形が綺麗で、乳輪も美しい。濡れ場シーンでは官能的な挿入シーンや絶頂シーンを迫真の演技で演じ、日本のAVビデオよりもエロくて美しい。フェラチオシーンもたまらなく官能的。

韓国のモデル水着美女

韓国で人気の日本のAV女優TOP5

続いては、韓国で人気の日本のAV女優をご紹介。

日本のAV女優人気1位 三上悠亜

元国民アイドルの三上悠亜。日本だけでなく、韓国や中国でも絶大な人気。可愛さ、エロさが抜群。AV女優とは見えない、清楚な可愛らしさが人気の理由。

日本のAV女優人気2位 蒼井そら

日本では、ほとんど人気のないAV女優、蒼井そら。しかし、韓国や中国では今も根強い人気。可愛らしさ、スタイルの良さに加えて、はち切れんばかりの90センチの美巨乳が人気。ロリ系で可愛らしく、美巨乳というのは、韓国の男も好み。

日本のAV女優人気3位 麻美ゆま

こちらも日本では、過去の人気AV女優ですが、麻美ゆまは韓国の男たちに人気。可愛らしく、ロリ系ながら、Hカップの見事な美巨乳。デビュー当時のスレンダーボディながら、迫力の96センチHカップを激しく揺らせての騎乗位、後背位、正常位は韓国の男たちには刺激的。

日本のAV女優人気4位 紗倉まな

AV女優としての人気のピークは日本では去りましたが、紗倉まなは韓国、中国の男たちに大人気。ロリータフェイスで、89センチのFカップが魅力。18歳でAVデビュー。小説も書き、映画化されているなど、異色の経歴を持つ彼女に大注目。

日本のAV女優人気5位 葵つかさ

嵐の松本潤が4年にもわたって浮気をしていたことで知られる、AV女優の葵つかさ。松本は井上真央と長年交際しているが、葵つかさは完全に性奴隷。

葵つかさは、元グラビアアイドルで、18歳でデビュー。その後、2010年に20歳でAVデビュー。顔の可愛さ。Eカップ88センチの美巨乳。くびれたウエスト、86センチの豊かなヒップ。フェラチオもエロい。日本の男だけでなく、韓国の男も葵つかさは大好き。

韓国の男たちも、女に苦労していると見えて、いくら美人で綺麗でもキツイ女はキライ。可愛くて、セクシーで、エロティックで、しかもスレンダーで美巨乳というのが、好みの女性のようだ。

AV女優

Posted by s