ミス日本!伝説のAV女優、卑弥呼(ひみこ)!ギャラ一本500万円

シェアする

覗き部屋 ギャルズアパートメント

抜群のスタイル、美貌、美巨乳のAV女優「卑弥呼(ひみこ)」

ミス日本に選ばれた伝説のAV女優

抜群の美貌とスタイル。日本人離れした美しさ。90センチの美しい乳房。くびれたウエスト。きゅんと引き締まったヒップや脚。1990年に「ミス日本」の東京代表に選ばれたほどの美貌を持つ、伝説のAV女優が「卑弥呼(ひみこ)」。

卑弥呼(ひみこ)

生年月日:1970年6月7日

身長:166

サイズ:B90/W60H87

ブラのサイズ:E

出身:東京都

経歴:元ミス日本代表

1990年代前半に活動した日本のAV女優

顔やスタイルの美しさだけでなく、セックスシーンはエロティック。フェラのテクニックも素晴らしい。何よりも性格の良さ。明るく素直で、透き通るような美しい笑顔。1990年代前半に活動した日本のAV女優が卑弥呼(ひみこ)です。

昔懐かしのAV女優 

小林ひとみ、星野ひかる、白石ひとみ、工藤ひとみ、憂木ひとみ、愛染恭子、桜樹ルイ、樹まり子、あいだもも、及川奈央といった、昔懐かしのAV女優のひとり。

スタイル抜群のエロボディ

村西とおるが率いたダイヤモンド映像を代表するAV女優、卑弥呼(ひみこ)。デビュー当時のボディサイズは身長166センチ、バスト90センチ、ウエスト60センチ、ヒップ87センチと、スタイル抜群のエロボディ。

ミス日本に選ばれ、1本500万円のギャラでAVデビュー

1990年度の「ミス日本」の東京代表に選ばれ、受賞の翌月の1990年7月にAVデビュー。1本500万円のギャラで、AV作品『大和撫子タマの腰』に出演。

一世を風靡した伝説のAV女優

日本版の“トレイシー・ローズ”と呼ばれ、ミス日本の名に恥じない、日本人離れしたゴージャスなボディと、素晴らしい美貌、妖艶なドエロぶり、一世を風靡した伝説のAV女優です。

美しすぎる美乳 

色白でグラマラス。美しすぎる美乳。一風変わった芸名。どんなにレベルの高い単体女優でも、作品1本のギャラが100万円という相場のなかで、1本500万円という破格のギャラが支払われ、その後も出演。

素晴らしいロケット乳

卑弥呼の作品を見るのなら、「ミス日本」に選ばれた18歳のデビュー当時のカラダがおすすめ。輝くばかりの美しさ、若々しさ。おっぱいも張りがあって、素晴らしいロケット乳。

ダイヤモンド作品は、村西とおるのオナニー化

ダイヤモンド映像系から20本以上の作品をリリース。しかし、卑弥呼は素晴らしいが、AV監督の村西とおるが品がなく、レベルが低く、どれも村西のオナニー作品にされているため、おすすめできません。

3000万円の詐欺事件 その後どうなったのか?

卑弥呼は、村西とおるの借金を助けるため、3000万円を貸したところ、そのまま踏み倒され、しばらくは口をきけないほどのショック。

しかし、まわりからの応援を受け、1993年にクリスタル映像でAVに復帰。6本のビデオに出演しましたが、AV業界から引退することになります。

なぜ、卑弥呼がAV女優に?

私立女子校に在学中からモデルを目指していた卑弥呼。ミス日本東京代表にも選ばれた当時は18歳。高校を卒業し、付属の女子大に行くつもりが、成績が足りずに予備校で浪人生活を送っていました。

今は結婚し、幸せに

そこへ、女子高生時代からしきりにAV出演を勧められた村西とおるに口説かれ、オーストラリアやハワイ、ギリシャなど海外での写真集撮影旅行に連れて行かれ、一流のモデル気分を堪能。さらに、村西とおるから札束攻撃を受け、予備校の在学中にAVデビューを果たしました。

今は結婚し、幸せに暮らしているそう。