AV女優との真剣恋愛!伝説のAV女優、樹まり子(いつき・まりこ)

シェアする

覗き部屋 ギャルズアパートメント

AV女優との真剣恋愛!伝説のAV女優

樹まり子(いつき・まりこ)の画像、動画

生年月日:1970年2月27日

出身:埼玉県

懐かしのAV女優、樹まり子 

懐かしのAV女優、樹まり子(いつき・まりこ)。カリスマのAV男優、加藤鷹が共演中にマジ惚れした伝説のAV女優が「樹まり子」だ。

加藤鷹は、1988年のデビューから26年間、抱いた女優は8000人。AVの撮影現場で、唯一勃起しなかったのは、樹まり子との絡みの時だけだった。

理由は『真剣に惚れてしまったから』だ。 

その後、樹まり子と加藤鷹は同棲へ。当時の人気AV女王とカリスマのAV男優との真剣交際&同棲はマスコミでも話題となった。

樹まり子と付き合い出したころ、加藤鷹は苦しみ始めた。AV監督に相談に行き、「好きでもない女のマンコを舐めたくなくなったんですよ」と言った。監督からは「プロじゃねぇな」と言われた。

二人の恋愛は、“逆コースの恋愛”。最初にいきなり会って、セックス。その模様を一部始終、撮影される。

そんな糞野郎の鬼畜みたいな中で出会い、プライベートでお茶を飲むようになり、お互いのことを知り、薄汚れた地獄の果てのような世界から、どんどん純愛へと昇華されていった。

樹まり子と別れたのは“男と女だからひとつじゃない”から。子供ができなかったことも原因のひとつだった。

1989年にAVデビュー

樹まり子は1989年に、青木さえ子の名前で『素晴らしき日曜日』『快楽天国』『猥褻淑女ビーナスの雫』の3本同時リリースでAVデビュー。『巨乳』『淫乱』という空前のブームが沸き起こり、人気が沸騰。

AV史上最高額のギャラ

その後、『樹まり子』に改名。成人映画も含めて50本以上の作品に出演するが、人気絶頂の1990年に活動を休止。

1992 年に『樹マリ子』と改め、AV女優の活動を再開。この時の出演契約は6本3000万円。AV史上最高額のギャラとなり、この記録は今も破られていない。

人気AV女優との真剣恋愛。そんなことあるのかと思う人はほとんど。だが、これは当時者でないとわからない。

ひとは、それぞれに「永久欠番」