最高のAV女優集合!伝説のAV女優!懐かしいAV女優

2019年11月4日

最高のAV女優!伝説のAV女優!

懐かしいAV女優 

いま、AV業界では、三上悠亜高橋しょう子相沢みなみ橋本ありな河合あすな鈴村あいり、といった可愛くてエロい女の子たちが人気。かわいくて、綺麗な若い女の子が次々とAVデビュー。しかし、昨今は次から次へとAV女優がデビューするも、いつまでも記憶に残り続けるAV女優が少なくなりました。「昔のAV女優が懐かしい」という方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

昔と今のAV女優

1980年代にAV女優(AVビデオ)が誕生し、一般的に“昔のAV女優”というのは、1990年代前後に活躍したAV女優のこと。

このころのAV女優というは、「社会の底辺にいる女性」とネガティブな目で見られ、江戸時代における吉原遊郭の遊女のような印象がありました。いくら妖艶で人気があり、お金を儲けていても、人間としての最底辺といった、どうにも変えようがない現実です。

インターネットが普及していなかったころの時代。AVビデオを見るためには、ビデオデッキを買わなければならず、当時としてはかなり高価な品物。AV女優の多くは、親にばれることを恐れながら、カメラの前でセックスシーンを撮られ続けていました。

ところが平成になると、芸能人やアイドルからAV女優へと転身する女性が増え、逆にAVで人気のある女優がテレビに出演する機会が増え、以前と比べてネガティブな視線が少なくなり、むしろ「憧れの職業」として感じる若い女性が増えてきました。

飯島愛はその典型的な例ですが、彼女は無修正動画が流出することをかなり恐れ、やけっぱちの気持ちで書いた自伝『プラトニック・セックス』がベストセラーになり、映画にもなりました。14歳で家出して、シンナー、同姓、強姦未遂といった激しい少女期。ホステスで過ごし、アダルトビデオへ出演。美容整形。あらゆる負の経験をしたタレントの飯島愛が赤裸々に語った自伝が、同姓代の女性に共感を呼び、「身体を売って生きることがなぜ恥ずかしい」という開き直りが、パッシングを受けるどころか、特に女性から共感されたのです。

女性にも性欲がある。男に抱かれたい。セックスしたい。だが、男にいいように食われ、捨てられるだけ。それなら、セックスで金も快楽も名誉も手にしたい。どうせ生きていても社会の底辺。それならカメラの前で、人前でセックスして、人生の逆転をねらおう。人生のぎりぎりの淵まで追い込まれた一人の少女の生きざまが、多くの女性の共感を呼びました。

その後、AV女優という肩書を持ちながら、テレビタレントとして活躍する女性が目立つようになりました。紗倉まなが、その代表です。女優やタレント、歌手としても活躍。AV業界に生きる女性たちの姿を描いた自伝小説『最低。』も、後に映画化され、大きな話題になりました。「AV女優という職業は、高校専門学校に通っていた私にとって最も天職」というのが名言。

学校でたくさん勉強して、社会のルールを学んで、それで、18歳の紗倉まなが決意したのがAVデビュー。いったい、学校って何だろうって思わせられますね。まじめに会社に勤めて働いても、いいように都合よく利用されて捨てられるだけ。年金などももらえない。それなら一発勝負で、自分の顔や身体、エロさで人生にチャレンジしたい。女性は、「人から良く見られたい」「美しくありたい」という本能的な願望があり、これが人前に出ることを押し上げていると言えるでしょう。

また、昔のAV女優と、平成・令和の時代となって、大きく変わったのは、親の公認のもとで堂々とAV女優をしていること。親としては本当は嫌だけれど、あなたが決めたのだから応援しているよ、というものです。蒼井そらが、その代表です。母親はそう思うかもしれませんが、父親としては本当に嫌でしょうね。カメラや人前で裸になってセックスすることの後ろめたさが無くなり、無修正も受け入れる。テレビでよく見かけるアイドルや芸能人よりも顔が可愛くて、スタイルも抜群。そんな綺麗な少女たちが次々とAVデビューしていく。

韓国では、社会全体のルールとして、AV女優がアイドルとして活動することはできません。青少年などに悪影響をおよぼす、というものです。 アイドルグループからAV女優へと転身した三上悠亜が韓国でアイドルデビューを果たそうとしましたが、思わぬ逆風を受けました。

昔のAV女優と、現代で大きく異なるのは、昔はスカウトがほとんどでしたが、最近は自分からAV女優になりたいと志願してネットの募集サイトから応募してくる女性が多くなったこと。自分はAVビデオを見て楽しんでいたが、親になり、娘を持つ父親となり、その娘がAV女優をやりたい、と言い出したら、どうするのか。昔のAVを知る者としては、そんな命題を突き付けられることとなりました。

男性、女性とでは、この感覚は違うでしょうね。母親であれば、自分の娘がAV女優になりたいと言っても悩みながらも受け入れることができそう。あるいは、娘が、自分の母親がかつてAV女優だったと知っても、お母さんが好きだったら受け入れることができそう。

しかし、自分の娘がほかの男とセックスして、中出しされて、たくさんの男たちから精液を顔にぶっかけられ、女性器をまるだしにして好き放題にやられているのをみて、悲しまない父親はいないでしょう。また、母親が好きであればあるほど、自分の母親が昔、AV女優だと知ったら、息子はきっと悲しい思いをすると思います。

だから管理人は結婚しないし、子供も作らない。恋愛・セックスは海外にいっぱいあるし、付き合った女性には、子供がいることも少なくないので、一緒に遊びに連れて行ってあげています。けれど、こうして改めて、AV女優たちの美しくて妖艶な姿を見たら、こうした道を選んでも許せるかもしれないと思えてきますね。そんな妖艶な、懐かしい昔のAV女優たちをお届けします。

桜樹ルイ(さくらぎるい)

1990年代前半を代表するAV女優。

当時、1000本売れればヒットとされる中で、出演作品が8000~1万本も売れ、AVクィーンと呼ばれました。

冴島奈緒(さえじまなお)

1987年に「冴島奈緒/FカップNo.1 奈緒の目覚め」でAVデビュー。巨乳と美肌で人気。2012年に逝去。享年44歳。

小林ひとみ(こばやしひとみ)

1986年に「禁じられた関係」でAVデビュー。絶大な人気を誇り、AV女優という呼び名が一般化したのは小林ひとみがAVデビューしてからのこと。

工藤ひとみ(くどうひとみ)

1989年にAVデビュー。引退までに70本のAVに出演。川崎ロック座で「セクシー・ベットショー・コンテスト」の第1回優秀賞に輝く。

 

希志真理子(きしまりこ)

1990年にAVデビュー。スレンダーで巨乳のAV女優。

 

白石ひとみ(しらいしひとみ)

1990年にAVデビュー。1995年頃までAV作品に出演。

 

可愛ゆう(かわいゆう)

1994年にAVデビュー。ロリ顔で巨乳のアイドル系のAV女優として人気。

川島和津実(かわしまあづみ)

1984年にAVデビュー。美巨乳と美肌のAV女優。

 

菊池えり(きくちえり)

1985年に、菊池えりの名前でAVデビュー。10代後半で風俗で働き、裏ビデオに出演していた。B94の美巨乳。

 

美竹涼子(みたけりょうこ)

2002年にAVデビュー。ビートたけしのエンターテインメント賞主演AV女優賞を受賞。 

 

黒沢愛(くろさわあい)

2001年にAVデビュー。ストリッパーとしても活躍。

岡崎美女(おかざきみお)

1995年にAVデビュー。美巨乳、美肌でエロティックなAV女優。

 

星野ひかるほしのひかる)

1990年~1991年までのAV女優人生だったが、今でも強い人気。

朝岡実嶺(あさおかみれい)

1991年にAVデビュー。現役女子大生の正統派美少女として一世を風靡。

伊藤真紀(いとうまき)

1991年にAVデビュー。ファッション雑誌のモデル出身。抜群のスタイル。

きららかおり

1991年にAVデビュー。半年で引退し、作品は5本のみ。

 

桜ここみ(さくらここみ)

2009年にAVデビュー。2014年にブログで引退を発表。

 

原紗央莉(はらさおり)

グラビアアイドルの後、2009年に作品『芸能人 原紗央莉 奇跡のAVデビュー』でAVデビュー。スタイル抜群でエキゾチックな顔立ちで人気。AVデビューで初潮吹き。

琴乃(ことの)

2007年にAVデビュー。かわいい顔立ちだが、Sキャラの面も持つ。 

小室友里(こむろゆり)

1990年代後半のAVクィーンとして君臨。

 

明日花キララ(あすかきらら)

2007年に『明日花キララ ミラクル美乳』でAVデビュー。バスト90センチでナイスなボディ。

希志あいの(きしあいの)

2010年にAVデビュー。元グラビアアイドル。

 東清美(あずまきよみ)

1980年代後半を代表するアイドルAV女優の一人。

 

葉山レイコ(はやまれいこ)

1988年に唯一のAV作品「処女宮 うぶ毛のヴィーナス」に出演。もともとNHKの中学生日記に出演していたところをスカウトされた。 

庄司みゆき(しょうじみゆき)

1980年代後半から90年前半に活躍AV女優。 細身で長身。そして巨乳。野性的な顔立ちとは想像できないほどのおっとり系で人気。

 

小沢菜穂(おざわなほ)

2002年にAVデビュー。「ミリオンガールズ2005」に選ばれる。 

 

夕樹舞子(ゆうきまいこ)

1990年代を代表するAVクィーンの1人。「アジアの女神」と呼ばれる。

長瀬愛(ながせあい)

1999年にAVデビュー。裏ビデオにも多く出演。 

 

奥菜つばさ (おきなつばさ)

2000年にAVデビュー。ストリッパーとしても活躍。

 

林由美香(はやしゆみか)

ピンク大賞女優賞を2度受賞。1980年代~2000年代にかけて活躍したAV女優。

蒼井そら(あおいそら)

2002年にAVデビュー。現在は中国大陸で人気。大阪・飛田遊郭の出身。

 

飯島愛(いいじまあい)

1992年にAV女優デビュー。2008年に永眠。

豊丸(とよまる)

1988年にAV女優デビュー。1980年代後半を代表するAV女優の一人。

麻美ゆま(あさみゆま)

2005年にAV女優デビュー。現在は歌手、タレントとして活躍。

夏目ナナ(なつめナナ)

2004年に「現役TVレポーター」という肩書でAVデビュー。現在は女優、タレントとして活動。

憂木瞳(ゆうきひとみ)

1990年代前半を代表するAV女優の一人。

 

吉沢明歩(よしざわあきほ)

グラビアアイドルとして活躍し、2003年にAVデビュー。2007年、MOODYZ年末大感謝祭2007で最優秀女優賞を受賞。 

 

かわいさとみ

1986年~1992年ごろにかけて活躍したAV女優。

 

樹まり子(いつきまりこ)

1989年に、「素晴らしき日曜日」「快楽天国」「猥褻淑女ビーナスの雫」の3本同時リリースでAVデビュー。巨乳で、淫乱のAV女優として大ブレイク。AV出演契約が6本3000万円という、AV史上最高額のギャラ。

 

いとうしいな

1989年にAVデビュー。ロリータフェイスと巨乳で人気のAV女優。

浅倉舞(あさくらまい)

1992年にAVデビュー。レーベル・ティファニーのイメージを体現した可憐さと、高級クラブホステスのような上品な色気を持ったAV女優。

 

あいだもも

1990年にAVデビュー。AV女優史上、最も可愛い女優の一人。 

松坂 季実子(まつざかきみこ)

1989年にAVデビュー。バストサイズは110.7センチ。当時のAV女優としては並外れた巨乳で、AP通信が海外に情報配信するのどの大反響を呼んだ。

   

秋元ともみ(あきもとともみ)

高校時代にスカウトされてファッションモデルに。その後、1986年にAVデビュー。

 

村上麗奈(むらかみれな)

1986年にAVデビュー。タレント、ストリッパーとしても活躍。

後藤えり子(ごとうえりこ)

1980年代後半から1990年代前半にかけて活躍したAV女優。聖心女子大出身(中退)。

 

安倍なつきあべなつき)

モーニング娘の安倍なつみのそっくりさんという名目で、2000年に「処女宮 ミレニアム」でAVデビュー。 

早坂ひとみ(はやさかひとみ)

新宿でスカウトされ、2001年に「hit-mi-x」でAVデビュー。 

 

及川奈央(おいかわなお)

東京でスカウトされ、2000年にAVデビュー。AV作品は80本以上。

高樹マリア(たかぎまりあ)

原由紀子の名前でアイドルとしてデビュー。その後、ヌードグラビアを経て、2002年にAVデビュー。

みひろ

ヌードモデルを経て、2005年にAVデビュー。